3月17日(火)15:00 - 12月31日(木)17:00

【WEB配信実施中】第366回 ついに崩壊した現金の厚いカベ

-Cashless2020-

NCB Lab. 代表 佐藤 元則
株式会社 電通 
ビジネス共創ユニット 電通キャッシュレスプロジェクト
プランナー 吉富 才了 氏

概要

-お知らせ-

新型コロナウィルス感染拡大による政府からのイベント中止・延期要請を鑑み、本セミナーは会場(ホテル・ルポール麹町)での開催について中止することを決定いたしました。代替として、WEB配信を実施いたしました。閲覧をご希望の方は、下記「お申し込み」ボタンより、通常通りのお申し込みをお願いいたします。担当者より、メールにて閲覧専用ページをご案内させていただきます。複数名の閲覧をご希望される場合、全員の方のご連絡先を備考欄へご記入ください。ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

日本で現金のカベがなかなか崩せなかったのは、消費者の現金信仰が根強いこと、中小マーチャントのキャッシュレス決済導入が遅々として進まないことが原因でした。


NCB Lab.
は昨年初頭「2019101日は、日本の決済史に残る大変節点になる」と予測しました。その理由は、日本政府がキャッシュレス還元施策を打ち出したことで、潮目が変わると考えたからです。

その予測はあたったのでしょうか。

日本政府のキャッシュレス還元キャンペーンがスタートして1カ月半後に、NCB Lab.と電通は、消費者と中小事業者(ショップ)の両方の「キャッシュレス意識に関する調査」を共同で実施しました。

本セミナーの前半では、一般消費者のキャッシュレス決済動向の変化について考察。後半で中小マーチャントのキャッシュレス導入状況について検証します。

内容

■消費者のキャッシュレス利用動向と意識 

*ついに風穴があいた現金のカベ

 

*三位一体のスクラムパワーが現金を押し込んだ

 

*勝者はカードかモバイルか

 

*東京五輪とキャッシュレス

 




■中小事業者のキャッシュレス導入状況と意識

*キャッシュレス導入店は増えたのか

*モバイルQR事業者の奮闘

*キャッシュレス導入効果あり

 

*キャッシュレス普及の課題と展望

 

 

講師

NCB Lab. 代表 佐藤 元則
株式会社 電通 
ビジネス共創ユニット 電通キャッシュレスプロジェクト
プランナー 吉富 才了 氏

【来歴】

受講料
【NCB正会員】 2名様まで無料ご招待!
※3名様以降はおひとり:9,500円+(消費税)

【NCB準会員】 2名様年1回、または1名様年2回まで無料ご招待! ※その他通常料金

【非会員】1名様:23,000円+(消費税)
※3名様以降はおひとり:17,000円+(消費税)

※お申込みをいただいた方へ弊社担当よりWEB配信閲覧用のURLをご連絡させていただきます。申込みの際は閲覧を希望される方、全員のメールアドレスをご入力ください。尚、閲覧にはNCB Libraryのスタンダード会員登録(無料)が必要となります。
会場

東京都 本セミナーはWEB配信を実施いたしました。会場での開催はございません

TEL:

place Google Mapで見る