【Digging】 1月27日(木) -

第317回 Digging「2022年 金融ビジネスに起きる5つの大潮流」

概要

-お知らせ-

NCBではより魅力的なセミナーをお届けするため、2021年9月よりセミナー制度を刷新いたしました。
公開セミナーはDigging Seminarに定例セミナーはPremium Seminarとして生まれ変わることになりました。
詳細については、こちらをご覧ください。

なお、本セミナーはWEB配信となります。閲覧をご希望の方は、下記「お申し込み」ボタンより、通常通りのお申し込みをお願いいたします。配信日当日の午前中に
担当者より、メールにて閲覧専用ページをご案内させていただきます。複数名の閲覧をご希望される場合、全員の方のお申込みが必要です。ご連絡先を備考欄へご記入ください。


-セミナー概要-

金融サービスという乾いた大地に、5つの水の流れがおき、勢いを増しています。コロナパンデミックや気候変動、あるいはテクノロジーという嵐が巻き起こした超常現象です。
この5つの大潮流は、これまで硬直的だった金融サービスの古い角質を洗い流し、潤いやあたたかみという恵みを与えてくれようとしています。

それはやがて血液の流れを活発にし、金融サービスの核心まで若返らせてくれるかもしれません。顧客のため、コミュニティのため、社会のため、地球のためのサービスであるべきだと。

2022年、金融サービスは新しい時代に適応するために生まれ変わる。そんな期待のもてる年になりそうです。

新春のDigging Seminarは、5つの大潮流に注目し、サービスの革新性や可能性について解説します。

 

内容

Agenda:

■金融サービスに脱炭素は必須要件
-美しい地球環境は金融サービスが主導すべき
-脱炭素をみごとに組み込んだ革新的金融サービス

■エンベデッドで金融の民主化が加速
-くっつきむしの発想で経済圏を拡大
-金融のカベを壊したデジタルのパワー

■BNPLの隆盛と規制強化
-クレジットカード市場を侵食して拡大するBNPL
-出る杭は打たれるが、打たれる前に自主規制

■世界でデジタル通貨の開発競争激化
-本気度が違うデジタル人民元の拡大路線
-アクセルを踏み込みはじめた欧米中銀

■モバイル決済はスーパーアプリへ
-決済を超越したアプリでなければ戦えない
-スーパーアプリ構想を掲げるチャレンジャー

講師

NCB Lab. 代表 佐藤 元則
NCB Lab. チーフ・コンサルタント 増渕 翔平

来歴

受講料

「セミナー受講料 参考表」をご参考ください。

[優待枠数:2枠]
NCB Library法人プラチナプラン、旧NCB正会員の方 →1名様15,400円(税込)です。 
※2名様以降、1名様10,450円(税込)でご参加いただけます。

[優待枠数:1枠]
NCB Library法人ゴールドプラン、レギュラープラン、旧NCB準会員の方 →1名様15,400円(税込)です。
※3名様以降、1名様10,450円(税込)でご参加いただけます。

[優待枠数:0枠]
非会員、レギュラープラン、旧NCB準会員の方 →1名様27,500円(税込)です。 
※2名様以降、1名様20,900円(税込)でご参加いただけます。


セミナー受講料 参考表

【NCB Library 法人プランの加入をご検討の方はこちら